販売でお金を増やすサイクル

こんにちは。
今回は初めて販売をしてみた時の事とビジネスの基本を記事にしてみようと思います。

確か、もう4年か5年くらい前ですかね。
今のお師匠さんにあたる友人がネット販売をしている事からその存在を知ってその当時も少しだけかじってはみたんですが半端だったもので回収も出来ずに辞めてしまった記憶があります。
初期投資もそこそこで始めるのに少しリスクを感じていました。
今となってはその頃の無知さに後悔してますが。
何事もわからない事はリスクを大きく感じてしまいがちです。
もちろん挑戦に失敗は付き物なので仕方はないのですが。
それでまあ在庫を数十個買って売れずにそのまま放置した記憶があります。
数時間かけて数種類しか仕入れられないので諦めてしまいました。

今は昔とは比べ物にならないくらいにツールなんかが出回っているので、副業程度に稼ぐならば簡単に稼げるもんです。
バーコードリーダーも中古なんかが結構出回っているので安く手に入れられますし。

多少覚えてみて数万円から10万円程度ならば週に数回仕入れに行けば稼げるんですから、知識ってのは財産だなと感じます。
物販ビジネスはいかに安く仕入れて適正価格かそれ以上で売る事なので。
海外で古着を安く仕入れて日本でそれなりの値付けして売るみたいな当たり前でありふれたビジネスです。

ただ最初に何が必要で何をしたらいいのかってのがわからないから、新しい事を始める時に挫折しがちなのが心理だと思います。

僕の場合はすぐ近くにわからない事を聞ける友人がいたからラッキーでしたがそうじゃない場合には自分で調べてわからなくて挫折してたと思いますし。

その辺は協力しあえればなあと思います。
近場の人なんかであれば、教えれる範囲で教えますし、情報交換なんかできればと思いますし。おすし
情報がお金を生む事はこの1ヶ月で何度も経験しましたし。

まずどのようなサイクルで儲ける事が出来るのか基礎的な部分を理解して頭に置いて仕入や資金サイクルを作ると毎月いくら稼ぎたいのかどうやれば目標額に近づけるのかが見えてくると思います。その辺から整理していきましょう。

まず物を売ってお金を得るわけですから在庫が必要です。
そこが基本的な初期投資になります。
在庫量は収入のベースになります。

月に1つ売れる商品を30種類在庫に持っていたとします。
単純に考えると1日一つ売れる計算です。
その30種類の在庫を初期投資で買い、後は売れた次の日にでも新しい在庫を補充していけばこれはビジネスとして成立します。
60種類あれば日に2個売れます。

つまりは、

仕入→売→仕入→売

を繰り返して初期投資分を回収できればそこからは黒字にしかならないはずです。

簡単です。
あとはまあ、いくらで仕入れていくらで売るかになるんですが。
まあその辺は安く仕入れて相場で売るのが基本になるんじゃないですかね。

理解さえしてしまえば、儲からないわけがないとは思うんです。

長々と下らない話を失礼しました。

あなたのウェブサイトもランキングに参加して閲覧者を増やしてみては!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントを残す