2018年1月アニメ化作品

※アニメ開始前に仕入れツール内で公開した予想に感想なんかを追記してったものです。

2018/1/20 学園ベビーシッターズ 追記
2018/1/29 からかい上手の高木さん 追記

あと期待度は公式ページや動画を見た感じや過去データからの個人的見解です。

精度は今後の記事であげて行けるよう努力します。

見た後の感想も随時追加して行きますがあくまで個人的な主観が入りすぎているかと思います。ほとんどはAmazonプライムビデオで見ているので見れないやつは感想書けませんでした。

 2018年1月アニメ化作品の原作リスト
原作名称 備考 開始前期待度
七つの大罪 鈴木央 週刊少年マガジン 講談社 ★★★★★
斉木楠雄のΨ難 麻生周一 週刊少年ジャンプ 集英社 ★★★★★
だがしかし コトヤマ 週刊少年サンデー 小学館 ★★★★★
だがしかし
原作を読み返したくなる度50
2期目でだがしかし2と安直なタイトルでした。タイトルの通り駄菓子と女の子がポイントのお話です。思わず1話は見入ってしまって短く感じた!と思ったら短くなってました!30分アニメから15分アニメになったのでしょうか。テンポよし、女の子よしの面白いアニメになってました!
恋は雨上がりのように 眉月じゅん 週刊ビッグコミックスピリッツ 小学館 ★★★★★
恋は雨上がりのように
原作を読み返したくなる度80
こちらは原作を既に読んでいるので映像からの視点を正確には書けませんが映像化を楽しみにしていた作品です。ストーリーが面白いのでアニメ→漫画と漫画→アニメはありです。ありありです。ただ妄想を膨らませていた声から程遠かったのでそこが個人的には無念でした。楽しみにしていた作品の一つでしたのでこれから最終回まで毎週楽しみに観たいと思います。内容は女子高生とおじさんの恋の物語です。羨ましい。
封神演義 週刊少年ジャンプ 集英社 ★★★★★
カードキャプターさくら CLAMP なかよし 講談社 ★★★★☆
弱虫ペダル 渡辺航 週刊少年チャンピオン 秋田書店刊 ★★★★☆
からかい上手の高木さん 山本崇一朗 ゲッサン 小学館 ★★★★☆
からかい上手の高木さん
原作を読み返したくなる度70
本作ヒロインの高木さんが可愛いです。タイトルの通り、ヒロインの高木さんが主人公の男の子をからかうお話。主人公の男の子は高木さんに一矢報いるために仕返しを目論見るもことごとく失敗します。こんな風にからかわれたら好きになっちゃいます。エンディングの曲も青春な感じの懐メロ(今の所、気まぐれロマンティック、AM11:00など)をヒロイン役の高橋李依さんが担当しております。高橋李依さんと梶裕貴さんの相性もすごくよく、いいアニメに出来上がっています。
オーバーロード 丸山くがね KADOKAWA ★★★★☆
りゅうおうのおしごと! 白鳥士郎 ライトノベル ★★★★☆
りゅうおうのおしごと
原作を読み返したくなる度70
16歳で将棋界の最強タイトル保持者、どこかで聞いたことあるような!将棋ブームで3月のライオンの二番煎じ感は否めない。両方とも面白ければ比べる必要もないが敢えて優劣をつけた場合、単純に将棋を軸にしたそれに関わる人間関係を描いた作品なら羽海野チカにまさる人はそうそういない。けれど1話を観て、3月のライオンが正統派なら、りゅうおうのおしごと!はキャラや女の子に重点を置いた作品だと感じた。それを踏まえてそこそこ面白い作品だと思います。キャストも内田雄馬、日高里菜と好きなところが入ってます。万人受けはしないものの一時人気はフツフツと上がるかもしれない。
デスマーチからはじまる異世界狂想曲 KADOKAWA 月刊ドラゴンエイジ ライトノベル ★★★★☆
デスマーチからはじまる異世界狂想曲
原作を読み返したくなる度60
確かラノベ原作のアニメだったような、タイトルがそれっぽいですね。1話を観た感じは続きを見たくなる感じでした。ゲーム関係のプログラマー(エンジニア?)が忙しい毎日を送っていて気がつくと異世界にいた。そして、いきなりめちゃ強くなりました。最近ではありきたりな題材ではありますが、異世界ものは何かそそられるものがあるのは私の中にある少年がそう思わせてるのかもしれません。
刻刻 堀尾省太 モーニング2 講談社 ★★★★☆
刻刻
原作を読み返したくなる度90
これは!思わず見入ってしまいました。1話はエンディングまで一瞬に感じるくらい集中して観てしまいました。時間を止める石のお話です。ネタバレしないようにするのが難しいですので間違いなく面白いとだけ言っておきます。
ゆるキャン△ 芳文社 まんがタイムきららフォワード ★★★★☆
ゆるキャン▲
原作を読み返したくなる度80
たぶん、個人的に好きな系統の作品でした。オープニングはジャクソン5を思い出させるような曲調で元気が出ます。キャンプと日常を題材にした作品で(たぶん)女の子たちがキャッキャとキャンプしてる姿がかわいいです。現実にこんな姿が存在するのだろうかと疑わしいとこではありますが。そもそも女子高生が1人でキャンプとか補導されちゃいそう!キャストは東山奈央、豊崎愛生、高橋李依、井上麻里奈と万歳三唱したくなります。ナレーションが大塚明夫さんとキャスト陣に、豪華さを感じさせます。続きが気になると言うよりも、物語にハマり物足りなさから原作を読み返したくなる作品ではないかと思います。
バジリスク ヤングマガジンアッパーズ 講談社 ★★★☆☆
citrus サブロウタ 月刊コミック百合姫 一迅社 ★★★☆☆
citrus
原作を読み返したくなる度40
意外と面白かった。ただ2話3話と回を重ねるごとにおそらく観なくなりそうな感じがした。少女漫画的なノリがあまり好まないところ。
デビルマン ★★★☆☆
学園ベビーシッターズ 月刊LaLa 白泉社 ★★★☆☆
学園ベビーシッターズ
原作を読み返したくなる度65
あまり期待していなかったため、優先度低めで今期アニメでは見るのが最後の方になってしまったが見てみたら面白かった。
両親を亡くした兄弟と、子供をなくしたおばあさんの心温まるハートフルなストーリーになるのだろうと思います。
小野Dと前野智昭さんは優しい声の方がいいな〜と個人的には思います。
キリングバイツ 村田真哉 月刊ヒーローズ ★★★☆☆
キリングバイツ
原作を読み返したくなる度85
これは完全に面白いやつです。獣の遺伝子を組み込まれた人間同士で戦うお話です。最初っから不良が殺されたり少しエグいので見る人を選ぶかとは思いますがアカメが斬るの様なモンです。
スロウスタート 篤見唯子 まんがタイムきらら 芳文社 ★★★☆☆
博多豚骨ラーメンズ 木崎ちあき 小説 メディアワークス ★★★☆☆
博多豚骨ラーメンズ
原作を読み返したくなる度15
殺し屋が普通に存在する社会のお話で殺し屋の殺し屋とかってありました。男性キャスト陣は蒼々たるメンバーではあるがどうにもお話が好みではない。まだ1話しか観ていないのでこれから盛り上がっていく事を期待して15にしておきます。個人的に、SFちっくな殺し屋なんかは好きかも知れませんが、ヤンキーとかホストとか、自分たちアンダーグラウンドの人間ですよって思ってる人たちのお話はあまり好まないのかも知れません。IWGPは好きだから単に話がつまんなかっただけかもですが。。。
三ツ星カラーズ 月刊コミック電撃大王 KADOKAWA ★★☆☆☆
ハクメイとミコチ 樫木祐人 漫画誌ハルタ エンターブレイン ★★☆☆☆
銀魂 週刊少年ジャンプ 集英社 ★★★☆☆
グランクレスト戦記 水野良 ライトノベル ★★☆☆☆

 

//記載漏れ

ラーメン大好き小泉さん
原作を読み返したくなる度50
実在するラーメン屋を舞台に可愛い子がラーメンを食べるストーリー。アニメやストーリーよりもラーメンが食べたくなるのでここで出たラーメン屋がかなりの恩恵を出てるのではないかと思う。第1話では天下一品など、美味しい食べ方などが紹介されている。
個人的にはメインキャストのあやねるは多様な役で安定してますが、小泉さん役の竹達彩奈さんは今回かなりハマっているかと思います。元気なキャラ役よりも静かなキャラの役の方があってるのかなーと思います。

ポプテピピック
原作を読み返したくなる度20
期待していなかった分、楽しく観れた。クスって笑ってしまうけれど出落ち感がすごいです。ただ、オープニング曲を始めとして、ヒロイン?主人公のキャストが毎話変わるみたいなのですが大御所から旬の面々が揃っててなんとも勿体ないです。あいまいみーを彷彿とさせるそんな贅沢なアニメとなっております。

たくのみ。
原作を読み返したくなる度50
15分アニメ。上京してきた女の子がシェアハウスで楽しく飲んだり食べたりするコメディアニメでした。ほのぼの作業しながら観るアニメとしては良いのではないかと思います。絵もキレイで最近こういう感じの作品が多いので旬なのかな〜って思いました。

BEATLESS
原作を読み返したくなる度60
近未来のお話。ヒロインが東山奈央、エンディングがClariS、その時点でそそられるものがあります。人型のロボットと人間が共存してる世界でほとんどの人やロボット自身がロボットは物として道具として扱っているのに対して主人公は心のある生き物として扱っている。たぶんそんな話。

//番外編(原作が書籍じゃないもの)
宇宙よりも遠い場所
オリジナルアニメ
やばいやばい。水瀬いのり、花澤香菜、井口裕香、早見沙織がメインキャラのキャスト!特に最近ラジオ以外で影が薄かった井口裕香が好き過ぎて鼻血出そうだった。もっとアニメに出て欲しいのだけれど。女子高生が南極目指すお話でした。声優好きにはたまらんですよ。